カオちゃんについて

マスコットキャラクター カオちゃん (KaOS)について

KaOS「カオちゃん」は、OSASK計画にささやかでも助力できればと願い、私 hideyosiが創作しました。有名なLinuxのTUXペンギンのように、みなさんに可愛がっていただければうれしいのですが。

「カオちゃん」は、ご覧のとおり子猫ですが、100年生きて、魔力を身につけた化け猫(猫又)です。このキャラクターには、すこしでもOSASKのイメージを反映できればと思い、以下のイメージから決定しました。

  • 小さい!
  • すばしっこい!(早い、鈍重ではない)
  • 人間やほかの動物に化けることができる
  • 人間とも、動物たちとも話をすることができる
  • おっとっと!小さいからって、なめんなヨ! すごい魔力があるんだぞ!

当ページの「おさすく!?」というお話にもカオちゃんは出てきますが、これと OSASK計画に提供させていただくカオちゃんは別と考えてください。 「おさすく!?」のカオちゃんは物語の設定上絵柄や色等を細かく決めていますが、 OSASK計画のカオちゃんは、子猫の猫又ということ意外はあえて決めていません。 LinuxのTUXペンギンと同様、お好きにアレンジしていただいたほうが楽しいのではないかと考えました。 絵が書ける方、デザインができる方。是非、すてきな「カオちゃん」を作ってください。

OSASK計画では、よほど重要な事柄でなければ、あえて「標準」「公式」等を設定しないというユニークな方針で開発が進められています。 おそらくロゴマークやマスコットも同様でしょう。 私が作ったカオちゃんも同様で、決して「公式マスコット」などではなく、これからもそうでしょう。

カオちゃんがいまいち気にいらないという方。是非、すてきなマスコットをデザインして、OSASK計画に提供してください。 また、ありがたくもカオちゃんを気に入っていただいた方。カオちゃんの設定等はもちろんのこと、私が書いた程度のものでよろしければどうぞご活用ください。 カオちゃんに関しては、川合堂ライセンスを適用いたします。

もちろん、私が作ったものでよろしければそのままお使いいただいてもかまいません。 また私が作ったものを使用する場合も、 特に「hideyosi」の名前を出していただかなくてもけっこうです。連絡、承認、許可も「義務」ではありません。
※もちろんご連絡いただくこと自体は大歓迎です。

バナーと素材です。どうぞご活用ください。